シェアハウス 物件

「シェアハウス」失敗しない物件選びのポイントは?

「シェアハウス」に住んでみたい!そんな憧れはあっても「本当に大丈夫なの?」「自分はシェアハウスでうまくやっていけるのかな?」っていう不安がある人も多いのではないでしょうか? 失敗しない物件選びをするために、まずはシェアハウスについてきちんと理解することからはじめてみましょう。

「シェアハウス」とは?

ひとつの物件を複数のシェアハウス共有スペース居住者で共有(シェア)して住む居住スタイル。英語の「シェアードハウス(shared house)」をもとにした和製英語です。 リビング、キッチン、バス・トイレなどは共有スペース、寝室のみ個人のスペースとするシステムが一般的で、ベッド、エアコン、冷蔵庫など最低限の家具や家電は整備されている場合が多いです。敷金・礼金0円、保証人不要という物件が主流であることから、近年は日本でも注目が高まり物件が増加。入居者の趣味に合わせたコンセプト型シェアハウスや、防犯面を強化した女性向けシェアハウスなど、新しいタイプのシェアハウスも登場している注目の居住スタイルです。家賃は物件によって異なりますが、45,000〜100,000円くらいが相場です。

どんな人が住んでるの?

メインとなる層は20代、30代の社会人。つづいてフリーランスで活動するSOHOや個人事業主。大学生が研修や実習期間中だけ利用しているケースも見られます。外国人可の物件だと、海外からの留学生やビジネス・観光で滞在している方も多いですね。普段の暮らしでは出会えないような人との交流も期待できます。逆に結婚を機に引越して行く人も多いので、若くて自由な時代しか住むことのできないスタイルだとも言えるでしょう。男女比は約1:1、男女半々。女性限定のシェアハウスも増えてきていますので、むしろ女性のほうが多いぐらいだそう。ちょっと意外でしたが、シェアハウスは初期費用0円など経済的にも優しいので、女性が利用しやすいと思われます。

「シェアハウス」に住む目的は?

「みんなとワイワイ住みたい!」「リーズナブルに東京に住みたい」「英語を覚えたい」「次の旅の間まで、とりあえず寝床が欲しい!」などなど目的は人それぞれ。役者やダンサーなどの夢を追いかけている人も多いですね。

「シェアハウス」のメリット・デメリットは?

◆メリット 初期費用が安く済む、家賃がリーズナブル、ひとり暮らしでは持てない充実した共有スペースを利用できる、外国人可の物件では外国語に触れる機会を持てる、みんなでわいわいパーティなどのイベントを楽しめる、共通の趣味や特技を共有できる、必ず誰かがいるので淋しくない、仕事から帰ってもみんなとの交流で気分転換できる、不在時の宅配便や郵便物を受け取ってもらえる・・・など。

◆デメリット 自分に合わない物件だと暮らしづらい、共用設備が自分の思い通りに利用できないときがある、ルールに従って生活する必要がある、合わない人がいた場合、気まずくなる時がある、本当にひとりになりたい時には不便・・・など。

失敗しない「シェアハウス」選びのポイントとは?

失敗しない「シェアハウス」選びのポイントは何だと思いますか? 好きな立地に住むこと、気のあいそうな人がいる物件を選ぶこと・・・いろいろ思い浮かびますが、いちばん気をつけてもらいたいポイントは「信頼できる運営会社を選ぶこと」なんです。

「シェアハウス」は最近の急激な人気で様々な業者さんが参入してきています。その中で信頼できる運営業者さんに出会うことが成功への第一歩といえるでしょう。シェアハウスの契約は大家さんやオーナーさんと直接交わすのではなく、運営業者さんと交わします。入居後のトラブルなどもすべて運営会社の担当者さんへ相談しますので、ここが信頼できるかどうかは重要なポイントになります。私は普段派遣社員として働いていますが、仲介する派遣会社の担当者が信頼できるかどうかというイメージと重なります。良くない担当者さんですと、こちらが困っていることを相談してもまったく動いてくれなかったり解決してくれなかったりします。そういう会社は避けたいですね。

物件を探すなら「シェアカンパニー」がオススメ!

そこでオススメなのが「シェアパーク」さんです。ここは日本ではじめての「シェア住居仲介サイト」なので実績が抜群。8千人以上の人が「いいね!」を押す人気サイトです。母体も「シェアカンパニー」というきちんとした不動産会社なので信頼度もバッチリ。様々な物件を掲載しているポータルサイトとは違い、自社で取り扱っている物件が多いので「このお部屋を見てみたい」という希望にもスタッフがすぐに対応してくれます。物件のデザインやテーマも趣向が凝らされているので、物件選びに迷ってしまうかも! 空室状況はサイトからリアルタイムで見れますが、シェアハウスは短期で引越す人も多いものですので、気になる物件があったら遠慮せず問い合わせてみてください! 意外とさっき空き予定が決まった! なんてこともあるかもしれませんよ。空きが出た際の予約を入れられる場合もありますので、気に入った物件に出会ったら決して諦めないでくださいね。
シェアハウスは自由がきく「今」しか住んでみることができないスタイル。 興味のある方は、いまのうちにトライしてみることをオススメします♪

荷物が部屋に入りきらない場合は、トランクルームで保管も

シェアハウスを利用したい人は、荷物の少ない身軽な人ばかりではありません。中には、様々な事情で、現在のアパートを引き払って一時的入居したいという人もいます。そんな時、多すぎる家具や家電がシェアハウス選びの足かせになることも。そこで利用したのがトランクルームや倉庫での一時保管。今や、首都圏を中心にトランクルームをたくさん見かけるようになりました。ロッカーほどの小さなスペースから、6畳以上ある大きなスペースまで、広さはいろいろ。大切な荷物をトランクルームに預けて、シェアハウスライフを楽しむというのもおすすめの方法です!
引越し 荷物 一時保管をするならはこちら。

物件が決まったら<引越し一括見積もり>で格安に引越す!

物件の契約が終わったら、いよいよ引越しシェアハウスは家具などの備え付けなので持ち込む荷物は多くはないと思いますが、や共用スペースへ傷をつけないことや、他の住人さんへの配慮も必要になりますので、プロの業者さんに頼んだ方がやっぱり安心です。格安の引越し業者を探すなら、<引越し一括見積もり>サービスがオススメです。ひとつのフォーマットに記入するだけで、一度に複数の引越し業者さんからの見積もりを手に入れることができるので簡単ラクラク。業者さんも一括見積もりだとライバルがたくさんいることがわかっているので、一軒ずつ見積もりを頼まれるよりも格安の価格で出してくるそう。せっかく初期費用の安いシェアハウスに引越すのですから、引越し費用も格安でいきたいですね!